GoogleMapsAPIの登録は簡単

GoogleMapsAPIの登録は簡単

GoogleMapsAPIの登録は簡単

GoogleMapにラインを書き込んだり、特定のアイコンを設置するためには、GoogleMapsAPIの活用が必要です。

APIを活用することができれば、ウェブ上でさまざまなことができるようになります。

例えば特定の位置情報をマップに埋め込んだり、特定の写真をマップに記憶させたり、便利に使うことができます。
それらを行うためには、ウェブ上で動作するプログラムを記述する必要がありますが、そのプログラム上でAPIを利用するためには、GoogleMapsAPIの利用者として新規の登録が必要です。

新規の登録では無料版と有料版が選択できます。

無料版でも全く問題無いですが、有料版に比べ機能が制限されています。



たとえば1日の利用制限であったり、特定のプログラムであったり、有料版でしか使えない機能や特徴があります。



個人で運用するのであれば、無料版のGoogleMapsAPIで全く問題ありません。新規の登録後、必ずAPIを利用するためのコードが発行されます。このコードは登録した本人専用のコードで他社が利用することはできません。
そのコードをプログラムに書き込まなければAPIを利用できないので注意しましょう。もし他人の記述したコードを転用する場合は、その部分を書き換えておくと良いです。



自分の権限でAPIを動かすことができ、いろいろなことに使えるようになります。

GoogleMapsAPIはとても便利なので活用すると良いです。

Copyright (C) 2016 GoogleMapsAPIの登録は簡単 All Rights Reserved.