GoogleMapsAPIの登録方法

GoogleMapsAPIの登録方法

GoogleMapsAPIの登録方法

GoogleMapsAPIはAPIをプログラム側から呼び出して利用します。GoogleMapsAPIは多くの言語で利用可能であり、特にウェブとスマートフォンアプリでの利用が多くなっています。GoogleMapsAPIの利用にはユーザー登録が必要です。

登録には本人確認も必要なく、Googleアカウントがあればすぐに利用可能です。

ただし、登録の際、本人確認をすればさらに無料枠が増えるので登録にあたってはクレジットカードやデビットカードでの本人確認をしておくとよいと考えられています。

GoogleMapsAPIの登録は数分で終了し、APIキーの取得が可能です。



APIキーはGoogleMapsAPIの各種機能を利用するために発行されます。
利用にあたっては1日あたりカウント数が重要です。



本人確認をしていればアプリからの利用では地図以外のデータを取得する際も15万件程度は無料となります。
また、ウェブからのデータ取得についても大幅に無料枠が増えています。

地図データはお店情報や距離などの算出機能ですが、地図を表示するだけなら費用はかかりません。

そのため、ウェブでの地図埋め込みやアプリでの地図表示だけならカウントにかかわらず利用できます。



ただし、データには広告が入っているので広告を止めたい場合には標準版ではなく、プレミアム版の利用が必要となりますが、プレミアム版はウェブからは申し込めないので注意が必要です。

Copyright (C) 2016 GoogleMapsAPIの登録方法 All Rights Reserved.