GoogleMapsAPIの料金を抑える方法

GoogleMapsAPIの料金を抑える方法

GoogleMapsAPIは1日当たりのAPI利用カウント数と90日など連続したアクセス日数によるカウントで料金が決まってきます。


GoogleMapsAPIは古くからあるサービスであり、無料枠もあります。

料金を抑えるにはこの無料枠をうまく利用することが必要です。



GoogleMapsAPIの利用にはユーザー登録が必要ですが、この際、無料で使うために本人確認をしないことも可能です。


しかし、クレジットカードやデビットカードで本人確認をすることで無料枠を大幅に増やすことが可能です。例えば、スマホ向けのAPIサービスであり、地図上のデータを呼び出すAPIについては本人確認をするだけで1日15万件まで無料化されます。GoogleMapsAPIの料金はスマホ向けとウェブ向けで違ってきます。


特にスマホ向けは地図の呼び出しは無料であり、地図上のデータを呼び出さなければ無料で使うことも可能です。



自身のアプリでどの程度地図データを使うかが重要視されています。

また、ウェブでの利用は1日あたりの利用API数がアプリに比べて少なく設定されていますが、ウェブに地図を埋め込むだけなら無料で使えるのでそれほどの差とはならないと言われています。GoogleMapsAPIの利用にあたって料金が気になる場合は地図の呼び出し数と地図上のデータ数で検討してみると良いです。



特にお店などの情報も取得するならAPIカウント数の算定は重要です。

Copyright (C) 2016 GoogleMapsAPIの料金を抑える方法 All Rights Reserved.