自毛植毛を受ける前から術後の注意事項について

自毛植毛を受ける際には、受ける前から注意することがあります。まず、施術の一週間前から前日までには、まず、血を止めにくくする作用がある薬の服用を控えることが大切です。次に、白髪が多い場合には、毛染めをしておくことで、植毛の施術がしやすくなり制度が高まります。手術前日にはアルコール類は控えることも大切です。

当日には、朝ごはんを食べて体調を万全にしておく必要があります。また、術後は頭部に包帯を巻くことになるため、容易に脱着をすることができる服を着ていく、頭をカバーするためニットタイプの帽子を持参する、服用中の薬は持参する、女性の場合にはマニキュアは落として、できればノーメイクで、コンタクトレンズは手術中ははずすため専用ケースもしくはメガネの持参をする、術後は麻酔が残っているため車やバイクなどでの移動は避けるなどが注意事項となります。当日帰宅した際には、お風呂には入らず、首から下の部分だけシャワーで洗うだけにとどめておき、移植部に刺激を与えないようにすることや、術後は3日から5日はできるだけ移植部を守るために仰向けで寝るのが望ましいです。自毛植毛の施術日以降には、翌日午後には、自分で頭の包帯を取ることができます。

また、翌日からは洗髪をすることができます。しかし、移植部分をこすったり、シャワーを直接当てるなどの刺激を与えるようなことは避けることが大切です。また、自毛植毛の術後3日間は移植部をぶつけたりこすったり、引っかいたりすることは避けなければいけません。カツラなどを利用する際には、金具やテープが移植部分に当たらないようにすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です