自毛植毛は効果が長持ち

抜け毛による生え際の後退や頭頂部の薄毛など男性の毛髪のトラブルは年齢にかかわらず発生します。原因としては男性ホルモンの分泌によるものだと考えられています。それがAGAという症状です。個人差はありますが男性であれば誰でもなる可能性があるものです。

そのホルモンの働きを抑制して、抜け毛や薄毛を防ぐのが医薬品として発売されています。医薬品の効果で対応するということは、その効果を持続するために飲み続ける必要があるということです。自毛植毛であればそんな心配はありません。AGAの特徴は後頭部には発現しないというものです。

だから後頭部の元気な毛根を目立たないように採取し、それを薄毛の部分に移植します。移植された毛根はAGAの影響を受けない後頭部の毛根なので移植後も元気なままです。だから歳をとっても移植時の状態が長続きします。現在では、採取する方法もより細くなっているため、頭皮への影響が少なくなりました。

また、移植する側は採取した毛根よりもすこし小さくなっているため、しっかりと埋め込まれます。自毛植毛は施設によって異なりますが、移植時の毛根の位置を髪の毛の流れが自然に見える方向に向ける技術があれば少ない本数でもボリュームが得られます。術後に伸びていく髪の毛が無理のない方向に向いているため、仕上がりに違和感がありません。また、しっかりと埋め込むため時間の経過と共に確実に着床します。

そのため一度自毛植毛することで十分な結果を得ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です