自毛植毛の種類について

昨今、薄毛に悩む男性が増えていますが、対処法としては育毛剤や飲み薬などがあります。こうした対処法は効果が現れるには時間がかかるので、継続していくには根気を要すると言えます。その為、増毛自体を諦めている人も多いわけですが、そのような場合に注目したいのが自毛植毛です。短期間で増毛の効果を実感できる方法で、根気なども必要ないと言えます。

必要なものは、専門クリニックに相談する勇気となります。国内には、自毛植毛で世界的にもトップレベルのクリニックがあるので、最先端の施術を安心して受けることができます。施術の機器も日々進化しており、患者への負担が少なく短時間に施術が完了するわけです。また、専門クリニックのドクターの技術も確かで、繊細でありながらもスピーディーな植毛が行われています。

従来、植毛には様々な技術が開発されていますが、現在の主な方法はニードル法とストリップ法とダイレクト法になります。ニードル法は韓国で開発されたものですが、シングルヘアグラウトという技術で、毛髪を一本ずつ植毛します。少ない工程で済み、生え際を自然に出来るのがメリットです。ストリップ法は、短冊状に毛髪部分を移植する方法で、毛量を確保できるが特長だと言えます。

ダイレクト法は、現在、大手自毛植毛のクリニックで採用されている方法で、専用の特殊器具を用いています。工程は、毛髪の採取、移植ホール作成、そして移植となっています。メスを使って頭皮を切らないので、手術痕が残らず綺麗に仕上がるのが特長です。施術にはドクターの高い技術力を必要とします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です