自毛植毛の現在の主流

現在、薄毛に悩む男性が増えており、対処法には育毛剤や飲み薬など様々なタイプがあります。これらの対処法の効果が現れるには、比較的に時間がかかるうえ、続けるには根気がいるわけです。そうしたことから、増毛を諦めているケースも多くなっています。そうした場合に注目されているのが自毛植毛だと言えます。

この方法は短期間で増毛の効果を実感でき、その後のメンテナンスも不用となっています。昔から、自毛植毛の技術としては様々な方法が開発されてきました。現在主流となっている方法には3つのタイプがありますが、夫々にメリットとデメリットがあると言えます。韓国で誕生したニードル法は、植毛用のホール作成と植毛を同時に行う方法です。

シングルヘアグラウトという、毛髪を一本ずつ植毛する技術を用います。工程を少なくするメリットがあり、生え際を自然な感じに再現できます。そして、移植痕が目立ちにくいことも特長になっています。デメリットとしては、一本ずつの植毛なので密度に限界があることと、医師の負担が大きいことです。

そのデメリットを改善した方法がストリップ法と呼ばれるもので、AGAの影響がない毛髪の頭皮部分を、短冊状に切り取って移植します。そのことで、毛量は充分確保され、医師も負担も軽くて済みます。デメリットとしては、縫合部分には毛髪が生えないことと、切り取った部分の傷跡が残ることです。そうしたデメリットを改善したのが、大手クリニックで採用されているダイレクト法というもので、極細の特殊器具を用いて、採取とホール作成そして植毛を行います。

メスを使わないので、手術痕がほとんど残らず、仕上がりが綺麗になります。但し、当自毛植毛法にはドクターの高い技術を要するので、対応可能なクリニックを訪れる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です