自毛植毛のメリットについて

投稿日:

自分の頭部の頭髪が薄くなってきたことが気になり始めると、対策を講じなければならないと焦るものです。現在は、医療技術が発達しているので、頭髪が薄くなってしまっても、修復させることができます。方法の中の一つとして、自毛植毛があります。自毛植毛というのは、まだ健康的な髪が残っている後頭部や側頭部から、毛髪を採取し気になる部分に移植するという方法です。

採取時には、毛髪のみならず頭皮の採取しますが、痛みなどはありません。採取した頭皮は、移植する部分に穴を設けて、一株ずつ植え付けます。手術時には、麻酔を用いるので、痛みを感じることはないものの、術後に麻酔が切れると痛みが伴う場合もあります。そして、自毛植毛で移植したとしても、一度抜け落ちてしまいます。

しかし、皮膚が定着すると再び毛髪が生えてくるので、慌てる必要はありません。しかも、定着率というのは95%と言われており、移植が失敗する可能性というのは少ないです。手術方法に関しても、手順の安全性が評価されているので、心配する要素はありません。そして、自毛植毛が持つ最も大きなメリットと言えるのが、拒絶反応が一切無いということです。

自毛植毛は、その名の通り自分の身体の一部を移植することになるので、拒絶反応が起こらないのです。自毛ではなく、人工毛を使った場合には、拒絶反応に苦しめられたり、術後およそ1年で抜け落ちてしまうということも、珍しくないと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です