今話題のロダン&フィールズ

日本初上陸のロダン&フィールズ

スキンケアブランドのプロアクティブ創業者として有名なケイティ・ロダンと、医師のキャシー・フィールズによって立ち上げられた日本初上陸のスキンケアブランドが、ロダン&フィールズです。

日本人の肌質を医学的な見地から研究し、ぴったりな商品の開発に成功したからこその進出になりました。ラインナップは、全部で3つ用意されています。ハリにアプローチするディファインとトーンにアプローチするブライトーン、そして肌質の変化に対応したスーズです。各製品の使い方や順番は、最適なスキンケアができるよう考え抜かれています。現在日本の美容市場は飽和状態で、新規企業が進出するのは困難な状況です。

そんななかでロダン&フィールズは、皮膚科医の視点からスキンケアに本当に必要な物だけをえりすぐって作られた強味があります。創業者の2人も、日本人女性の美容へのニーズが高いことを見抜いていました。だからこそ、いろいろな肌トラブルに対処可能なロダン&フィールズを生み出すことが出来たのです。

日本人の角質は、欧米人のものより薄い特徴を持っています。そのため、アメリカでよく使われているスクラブは採用していません。反対に、アメリカではあまり一般的でないローションも化粧水文化が根付いている日本人のためにあえてラインに入れました。また、アジア人種は欧米人と比べてシミができやすい性質があります。そこで加齢によって増えていくシミの数を減らすためのトーンケア製品が作られました。ロダン&フィールズは、肌トラブルの8割は環境によるものという考えのもとに、日本人の肌に合った的確なスキンケア商品なのです。
ロダン&フィールズのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *