GoogleMapsAPIの登録でやっておきたい事

GoogleMapsAPIの登録でやっておきたい事

GoogleMapsAPIの登録でやっておきたい事

GoogleMapsAPIはGoogleアカウントを持っていればすぐに取得できます。地図の呼び出しだけなら無料で利用できますので利用者がとても多いサービスでもあります。

簡単に利用できるGoogleMapsですが、地図以外のデータ、例えばお店情報や距離算出などの際には特別なAPI呼び出しが必要です。これらのAPIは有料ですが、一部無料枠も用意されています。



GoogleMapsAPIの無料枠は2段階で設定されており、多くのサイトでは登録するだけでほぼ無料で利用できるだけの量が用意されていると考えられています。



GoogleMapsAPIの無料枠を利用するには単に登録するだけでは量が少ないです。

無料枠は2段階に分けられてます。


1つは登録するだけでもらえる枠、もう1つは本人確認をすればもらえる枠です。



登録するだけでも地図の表示だけなら料金は掛からないのですが、地図にお店情報を表示したり、ルート検索を追加する際にはすぐに無料枠がなくなります。

そのため、本人確認をして無料枠を大幅に増やすことが推奨されています。
無料枠の増加は本人確認で行われますが、確認にはクレジットカードとデビットカードが利用できます。
また、登録しても1日の課金上限を設定できますので0円で設定すれば課金されることはありません。

あくまでも本人確認で利用するだけと考えられています。

また、本人確認をしておくことで急なアクセスでもチャンスを逃さずに対応できます。

Copyright (C) 2016 GoogleMapsAPIの登録でやっておきたい事 All Rights Reserved.